ポイント支払い家計簿につける?3つのメリットとは

家計管理

楽天ユーザーの私、ガッツリ楽天のサービス使っています。

もちろんダイヤモンド会員です

楽天ポイントで支払うこともしばしば。

ポイントで支払った場合、家計簿にはつけますか?

結論から言うと、我が家では家計簿にポイント支払いを「収入」という位置付けでつけています。

ポイント支払いは家計簿に収入としてつける

先日、アンケート案件をこなして10000ポイント貰ったのですが、これってもう立派な副業やん!と再認識しました。

『【だからやめられない】アンケート副業の加算がエグかった話』
ポイ活主婦のワタクシ。 そのひとつがアンケートサイトで、複数登録しています。   マクロミル、リサーチパネル、キューモニターなどなど でも座談会やインタビュー…

ちなみにこのポイント収入で(回る)お寿司食べました!
遠慮なしにネット注文したら、お店で食べるより高額に。回る寿司なのに…

子どもたちがお寿司好きすぎて、この量でもペロリです(笑)
お寿司テイクアウト

お寿司持ち帰り

冒頭でも述べたけど、ポイントで支払いをする買い物って結構多いんですよね。

10000ポイントもらえる案件は珍しいんだけど、コツコツ使ってるポイントも合算すれば、ふつーに1万円は超える。

家計簿にポイント支払いを「収入」としてつけるのはこれが理由で、まとめればそこそこの金額になるからなのです。

ポイント払いを家計簿につけるメリット

ポイント支払いした分を家計簿につけていて感じたメリットは、以下の3つです。

  • モチベーションが上がる
  • ポイント収入額を把握でき確定申告の目安になる
  • 使い過ぎに気づきやすい

モチベーションが上がる

ポイント支払いした分を「収入」としてつけておくと、モチベーションが上がります。

何でもかんでもモチベーション。ふたばの8割はモチベーションでできています

冗談みたいに聞こえるけどけっこう本気で、モチベーションって何をするにも大事じゃないですか?

あ、こんなにポイントで得してるんだな〜って言うのが確認できるだけでも、十分ポイ活の励みになるんです。

ポイント収入の確定申告の目安になる

ポイント収入にも税金がかかります。

収入として得たポイントは、2つの所得区分に分けられています。

  • 一時所得:ネットショッピングなどの還元ポイント(セルフで貯めたポイント)
  • 雑所得:紹介やアンケート、ミニゲームなどのポイント

ポイ活で10万円以上コンスタントに稼いでいる人は、この雑所得が多いのでしょう。

 

申告が必要な額もそれぞれ異なっていて、

  • 一時所得は50万円を超えたら
  • 雑所得:会社員なら20万円、専業主婦なら38万円を超えたら

となっています。
逆に言えば、その金額以下なら申告不要ということ。

私の場合は専業主婦なので、年間38万円を超えると確定申告が必要になります。

税金は「使った」ポイントに対してかかるので、家計簿につけておくのが正しい!と言っても言い過ぎではありませんね。

ふたば
ふたば

もちろん別の帳簿でつけておいてもOK


使いすぎに気付きやすい

結構大きいメリットかなと思っているのがこれです、使いすぎに気付ける

ポイントだからいっか!とついついお菓子買いすぎちゃったり、よく考えたら我慢できるものまで買っちゃうんですよね。

(先のお寿司もそうだった…反省してない…)

ポイントでこれだけ無駄買いしてる…!というのに気付ける、良いきっかけになるのではと思います。

ふたば
ふたば

私も戒めます…!

ポイント払いを家計簿につけるデメリット

ポイント支払いを家計簿につけることで生じるデメリットは、

少し面倒に感じる人もいる…?

くらいでしょうか。管理すべき項目が増えるので。

でも電子マネーの数のほうが圧倒的に多いし、私としては面倒には感じません。

むしろメリットが色々あるし、確定申告すべきものだから、家計簿と別ででもつけておく必要はありますからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました