NOTクレジット払い!家計管理をシンプルにするなら現金払いがベストな理由

マネーノート(家計簿)

ご訪問ありがとうございます。

 

突然ですが、クレジットカードって使いますか?


私はね、使ってます。
ポイントが貯まってお得だから。
こういうのに弱いんですね〜。

だけどクレジットカードを使っていると、
どうしても家計管理が甘くなるんです。

 

クレジットカード使いが家計を圧迫する原理とは

家計管理の特集を読んでると、必ずと言っていいほど
「クレジットカードはやめましょう」って書いてありますよね。

それはなぜか。
私の実経験なんですけども、

とりあえずクレジットカードで支払う

手元の現金は変わらないから、ついつい使い過ぎてしまう

「クレジットカードで支払ったら、手元の現金からクレジット払い用に分けておく」をしても、「今1万円札しかないから、これが崩れたら分けよう」なんて思いながら、いつの間にか忘れている。そしてまたクレジットを使う

クレジットカードの引き落とし額が決まってから、思ってた以上の額に驚く。とりあえず入った給料から賄う

そして手元に現金が残らなくなる

とりあえずクレジットで支払う……以下繰り返し

という負のループに陥ってました。
何年も家計簿つけてるのにね。
全然家計簿が生かされてないというね。

これじゃあマズイよね!
とようやく気が付いて、今に至ります。

 

まず、クレジットカードの引き落としのために、
手元の現金がごそっとなくなることが問題でしょ。
そして、現金がないから
またクレジットを使わざるを得ない状況になってしまう。

完全なる自転車操業です!!

 

対策はひとつ。クレジットは使わない

やっぱりプロが言うとおり、クレジットは使わない。

家計管理がうまくいってないなら
とことんシンプルにしないと、
家計の膿も見えてこないんですよね。

 

それまで、クレジットカードを使わないことに関して
不動の山の如く動かなかったわたしの頭がハッとしたのは、
この本を読んでからです。

 

そんなわたし、ちょっと前まで、クレジットカードは1枚でした。
これは正しい、やり方。

でもなんだかんだで、今や3枚に増えています……
(インスタpostを使いまわしてるので、加工された写真ですが)

  1. 楽天カード:メイン使い。電気代や保険料などの引き落とし、楽天での買い物など
  2. イオンカード:基本、使わない。イオン系列でのみ使用
  3. ゆめカード:基本、使わない。ゆめタウンとその中の店舗でのみ使用

と、自分なりにルールを決めての3枚です。

 


イオンは、まあ電子マネーWAONでの支払いに
戻してもいいかなと思っているところ。
でもオートチャージ機能が結構便利なのよね……

ゆめカードは、ゆめタウンという
広島市に本社があるスーパーで使います。

クレジット払いすると
ポイント還元率がグッと良くなってお得なので、
これはこれで使い続けるつもり。
あっという間に500円の値引き券がもらえるのが嬉しいんですよね。

 

さらに楽天カードも、極力使わないことにしています。
これまでは外食や街中のショッピングで使ってたけど、実店舗では現金払いに!
ネットショッピングでだけ使っていいルールにしました。

ネットショッピングも気をぬくと
すぐに金額がかさむので、
ネットでしか買えないものだけ、というルールに。

 

 

クレジットを使ったら必ずすること

クレジット払いして、あとで現金をかき集めて……ってことをしていては、以前と同じです。
だから、使ったらすぐにその金額よりちょっと多い額をプールしています。

表にしているのは

  • 日付
  • どのカードか
  • 金額
  • 内容
  • プールした額
  • 引き落とし月

で、カードの引き落とし月が決まったら、マーカーで印付けします。

 

プールする額をちょっと多めにするというのは、例えば
【3420円の買い物なら→4000円プールする】
てな具合です。
多めにとっておくと余裕が持てるのと、もう一つ。

 

数百円のクレジット払いにも対応

わたしはメルカリでの発送によく「クリックポスト」を
利用するんですが、毎回クレジットカードで164円かかっています。
その分はプールしないけども、
月に何件も発生すると1000円近くなることもあります。

毎回のプール金を多めにとっておけば、
この端数にも対応できるのです。

 

まとめます

クレジットカードはなるべく、使わない!
もし使ったら、すぐに現金から分けておきます。
この時、ちょっと多めにプールしておくと(四捨五入とか)何かと便利です。

 

以上、ふたば流のクレジット管理法でした。

////////////////////////////////////////////////

インスタしていたらぜひフォローしてくださいね♪
futabanote

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。